百合ヶ浜


作詞・作曲 笹口騒音ハーモニカ

声にならん声で 風をあつめてる
君は夏ざかり 波打つ熱い鼓動

雨に濡れた月が 夢をみさせてる
二番目の駅で 夏は待っている

今 心は晴れて
ああ 言葉は消える
今 光あふれて
ただ 泥にまみれる

夏にほだされた 海を泳いでる
夕凪が君を 黒くふちどって

今 かざりを捨てて
ただ 心のままに
今 渚をゆらす
ああ 君のシルエット

今 旅立ちの時
さあ 飛び立つ夜明け
今は 別れて
ただ 地をはうように